最新音楽ニュース速報

最新音楽ニュースをお届けします。J-POP、洋楽、演歌、アニメソング、ゲーム音楽などニュースが満載

違法ダウンロード刑事罰化から1年・・・音楽ソフト売上回復せず、音楽配信は前年比24%減

1 :れいおφ ★:2013/09/29(日) 17:48:49.69 ID:???0
ネット上に違法に投稿された音楽や映画などをダウンロードした人に対する刑事罰の
適用が始まって来月1日で1年になります。
ファイル交換ソフトの利用者が減少するなど一定の効果が見られる一方で、
CDや音楽配信の売り上げの回復には十分につながっていないことが分かりました。

「改正著作権法」は去年10月1日に施行され、インターネット上に投稿されている海賊版
の音楽や映画などを違法なものと知りながらダウンロードした人に、刑事罰が適用される
ようになりました。

警察が摘発した例はまだありませんが、コンピュータソフトウェア著作権協会によりますと、
違法なファイルのやり取りに使われるファイル交換ソフト「Winny」と「Share」を利用して
いるパソコンの台数がことしは去年より40%近く減るなど、法改正による一定の効果が見られます。

一方で、違法ダウンロードによって大きな損害が出ているCDやDVDなどの音楽ソフトの売り上げは、
制度が変わった去年10月からことし6月まででは前の年の同じ時期より5%増えましたが、
ことし1月から先月・8月までの最新のデータでは前の年より7%減少しています。

加えて音楽配信については、去年10月から6月までで前の年より24%の大幅な減少となっており
、売り上げの回復には十分につながっていないことが分かりました。

日本レコード協会の高杉健二常務理事は「レンタルの利用が増えるなど法改正の効果はあったが、
お金を出して買うことにはなかなか結びついていない。違法ダウンロードについての啓発活動を
続ける一方で、良い音楽を作り、サービスの利用しやすさを向上させ、売り上げの回復につなげて
いきたい」と話しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130929/k10014898651000.html



続きを読む

デビュー30周年ツアー中の藤井フミヤ、チェッカーズが再結成できぬ理由語る 「チェッカーズはクロベエが死んじゃったからね…」

1 :禿の月φ ★:2013/09/29(日) 16:45:33.79 ID:???P
 9月21日、藤井フミヤ(51)がデビュー30周年記念ツアー『青春』をパシフィコ横浜でスタートさせた。
1983年9月21日にチェッカーズのリードボーカルとして『ギザギザハートの子守唄』でデビューした
フミヤ(当時は郁弥)。翌年1月発売の『涙のリクエスト』が大ヒットし、一躍トップアイドルとなった。
チェッカーズは、1992年に解散するまで、シングル全てがオリコントップ10入りするという超人気グループだった。

 22日のコンサートでは、チェッカーズ時代を振り返り、「(作詞には)ノンフィクションで
自分の感情や気持ちが現われているから、当時のことを思い出すし、気恥ずかしい」と
話しながらも、メンバー自身が作詞作曲を手がけるようになった『NANA』(1986年)以降の
シングルを、ほぼすべて熱唱。ライブ後半のMCでは、チェッカーズについても少しだけ触れている。

 「(バンドが)最近は解散しないね。休止という形を取る。バンドは、時が経てば
いずれまた戻るんですが、チェッカーズはクロベエが死んじゃったからね……」

 2004年に逝去したドラムの徳永善也に言及。チェッカーズの再結成は
物理的に不可能との見方を示した。同コンサートに行ったファンの1人はこう話す。

 「ソロになって以降、コンサートでチェッカーズの曲をこれだけ歌ってくれるのは
初めてですし、とてもうれしかったです。(チェッカーズのメンバーでフミヤの弟である)
尚之もツアーメンバーに入っているので、あのサックスで、フミヤの歌声を聞くと、
チェッカーズに限りなく近くなるし、当時の情景も浮かびました。

 でも、チェッカーズは7人でチェッカーズなんだな……という思いも強く持ちました。
ステージを見ても、ギターもベースもドラムも違う。もちろん、音も異なります。やっぱり、
チェッカーズは永遠に戻って来ないと実感しました。思い出は思い出のまま、ということでしょうか」

ソース:NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20130929_214288.html



続きを読む

新沼謙治が昨年末にリリースした「ふるさとは今もかわらず」人気で23年ぶりNHK紅白出場も(東スポWeb)

1 :禿の月φ ★:2013/09/29(日) 12:03:19.42 ID:???P
「23年ぶりの紅白復活もある」と話題になっているのが歌手・新沼謙治(57)だ。
デビューから紅白歌合戦には13回の出場経験があるが、1990年以来、ステージは
踏んでいない。だが、音楽業界では「今年はあるんじゃないか」と言われている。
昨年末にリリースした「ふるさとは今もかわらず」が中高生のコーラス部で大流行しているからだ。

 この曲は新沼が出身地の岩手県大船渡市を思い描いて作った歌で、
もともと「みんなで歌えたら」とコーラスが入ることをイメージして出来上がったもの。
ある芸能プロ関係者は「この曲が一気に広まったのは4月に新沼が出演した
『歌謡コンサート』(NHK)。ここで『ふるさと――』を歌ってから、NHKに
『合唱で歌いたいので譜面がほしい』との問い合わせが殺到したそうなんです。
今では(所属の)日本コロムビアも譜面付きのCDをリリースするまでになった。
“NHKが育てた曲”と言っても言いすぎじゃないでしょう」。コーラス曲として
全国の中高生に認知されているというのだ。

 NHK側も「歌謡コンサート」だけでなく「BS 日本のうた」や
「スタジオパークからこんにちは」などに新沼を次々と出演させている。

「一昨年の紅白では、夏川りみと秋川雅史が大勢のコーラス隊を率いて
『あすという日が』という曲を大スケールで歌い上げ、好評を得た。
この前の『歌謡コンサート』で新沼もバックコーラスを従えて
かなり迫力のある演出で歌っている。年末にもスケールの
大きいステージが見られるんじゃないのか」(前出の関係者)
紅白出場となれば、1976年のヒット曲「嫁に来ないか」をしのぐ
新沼のヒット曲となる可能性もある。

ソース: 東京スポーツ新聞社(東スポWeb)
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/187969/
Yahoo!ニュース/東京スポーツ新聞社(東スポWeb)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130929-00000007-tospoweb-ent
画像:




続きを読む