最新音楽ニュース速報

最新音楽ニュースをお届けします。J-POP、洋楽、演歌、アニメソング、ゲーム音楽などニュースが満載

剛力彩芽 3rdシングル「くやしいけど大事な人」発売決定

1 :ゴーリキー ★@\(^o^)/:2014/08/18(月) 14:19:45.99 ID:???0.net
8月17日に「a-nation island powered by inゼリー」でLIVEを行った剛力彩芽が3rdシングル
「くやしいけど大事な人」を発売することが分かった。
剛力は1曲目に『up!! up!!』を披露。前向きな剛力らしいUPな楽曲で会場を熱くし、さらにデビュー曲
『友達より大事な人』のパフォーマンスでは、会場にいるお客さんと一緒に手を回す“プロペラダンス”で会場を盛り上げた。
その後「3rdシングル『くやしいけど大事な人』の発売が10月29日に決定しました!」と会場にいるお客さんに報告。
温かい声援に満面の笑みで答え、最後に2ndシングル『あなたの100の嫌いなところ』を披露した。
3rdシングル『くやしいけど大事な人』は「大事な人」三部作の『友達より大事な人』に続く、第二作。
剛力彩芽が素直になれない女心を切なく歌いあげつつも、超絶盛り上がるディスコダンスチューンだ。
1stシングル“プロペラダンス”、2ndシングル“ガオガオダンス”に続くダンスにも期待感が高まる。
今後も世間を「あっ」と驚かせる剛力彩芽に要注目して欲しい。
http://www.sonymusic.co.jp/topics/1114



続きを読む

NHK紅白歌合戦、「松たか子は『私は女優でアーティストではない』と固辞している」の情報… 小林幸子vs美川憲一の復活を画策

1 :プーアル ★@\(^o^)/:2014/08/17(日) 23:30:39.00 ID:???0.net
お盆でテレビ局も夏休みと思ったら、とんでもない。NHKは4カ月後に控えた紅白歌合戦の
作業でスタッフが連日悲鳴を上げている。

紅白は暮れに近づくと、なんとかの一つ覚えのように「目玉なし」といわれるが、
今年もドンといわれた北島三郎が紅白を卒業、状況は同じだ。

白羽の矢が立っているのは国民的大ヒットとなった「アナと雪の女王」のテーマ曲「LET IT GO」。
企画としてはMay.Jと松たか子の夢の共演なのだが、内々に打診したまではいいが……。

「松サイドは『私は女優でアーティストではないから……』と関係者を通じて固辞しているというんです。
松の真意はわかりませんが、May.JはOKといわれ、最終的に調整がつくのかどうか」(事情通)

そこで、急浮上しているのが3年ぶりとなる小林幸子の紅白出場プランで、
美川憲一との豪華衣装対決を復活させようというのだ。
小林は33年連続で紅白に出場していたものの、個人事務所代表を務めていた女性社長、元専務と
モメて、お家騒動に。以来2年連続で紅白に落選している。

ところが、元個人事務所社長サイドと和解したという情報が流れ、NHKとしてはこれを機に美川にも
声をかけ、小林との豪華衣装対決を復活させたいという。

気になるのは小林&美川のリアクションか。紅白の出演料は15万〜30万円程度で、
あの衣装の製作費の大半は本人負担で1着数千万円分が持ち出しとなる。
それでも、小林と美川は紅白出場を希望していて、今はチャンスでオファー待ちなのだ。

もうひとつ、制作サイドが検討しているのは大河ドラマ「軍師官兵衛」に便乗する演出プラン。

「昨年の紅白で『あまちゃん』を再現した手法を踏襲したいとか。『官兵衛』で話題になり、
高視聴率だった28回の『本能寺の変』と29回の『天下の奇策』のいいとこ取りをNHKホールで再現
しようという案です。岡田准一、竹中直人、江口洋介らが一堂に会する予定で、
ホールの外には1000人からなる武者行列をスタンバイさせる話もある」(NHK関係者)

紅白のスタッフにとっては一段と熱い夏か。

http://news.livedoor.com/article/detail/9154362/

2014/08/17(日) 12:44:43.06
【音楽】NHK紅白歌合戦、「松たか子は『私は女優でアーティストではないから』と固辞している」の情報・・・小林幸子vs美川憲一の復活を画策
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1408247083/



続きを読む

松たか子、「アナ雪」の次は鈴木雅之と「幸せな結末」 コラボソングリリース

1 :三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2014/08/18(月) 08:08:22.38 ID:???0.net
 女優で歌手、松たか子(37)が歌手、鈴木雅之(57)とコラボソングをリリースすることが17日、
分かった。9月10日に発売される鈴木のカバー盤「DISCOVER JAPANII」の収録曲として、
大瀧詠一さんの名曲「幸せな結末」を一緒に歌った。ディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌
「Let It Go」で世界的な注目を集めて以来のレコーディングに、松は「のびのび楽しく
歌わせていただきました」と充実感を漂わせた。

 「アナ雪」の世界25カ国の主人公声優が「Let It Go」を歌いつなぐ動画で、圧倒的な声量と
情感豊かな歌声を響かせ、世界中から大反響を呼んだ松。今度はラブソングの王様とのコラボで魅了する。

 「幸せな結末」は、昨年暮れに他界した大瀧さんの1997年のヒット曲。松にとって、ヒロインを演じた
フジテレビ系「ラブジェネレーション」の主題歌だった思い出深い楽曲だ。

 きっかけは、来年デビュー35周年を迎える鈴木のカバーアルバム第2弾に、彼の恩師である大瀧さんの
同曲が収録曲として選ばれた。そこでゲストボーカルに名が挙がったのが松だった。

 2人は10年来の知り合いで、鈴木は以前から松のボーカリストとしての表現力をとても魅力的に
感じていたという。松が音楽番組で「幸せな−」を歌っていた姿を思い出し、「まっつんと一緒に歌うことが
できたら、これほどのプレゼントはない」と依頼。松も「マーチンさんが『幸せな−』を歌うのは、とても
素敵なプロジェクトだと思った」と快諾した。

 レコーディングは7月末に行われ、交互に歌ったり、サビでハモったりと、2人の甘い歌声を前面に
押し出した珠玉のラブソング「幸せな結末 with 松たか子」が誕生した。予定時間より早く終わるほど
息はピッタリだったという。

 鈴木は松の歌声を「ワンアンドオンリー(唯一無二)」と絶賛し、「大瀧さんからいただいたギフトを2人で
開けて、自分たち色に染め上げることができた」と感慨深げ。松も「最初からマーチンさんがスタジオに
いらしたので少し緊張しましたが(笑)、のびのび楽しく歌わせていただきました」と喜んだ。

 アルバム発売に先駆けて、今月27日にネット配信されることも決定。2人が奏でるメロディーが、
「アナ雪」級の話題を呼びそうだ。

http://www.sanspo.com/geino/news/20140818/oth14081805060006-n1.html
http://www.sanspo.com/geino/news/20140818/oth14081805060006-n2.html
http://www.sanspo.com/geino/news/20140818/oth14081805060006-n3.html
鈴木雅之と「幸せな結末」をレコーディングした松たか子。「この曲の下、ドラマの中で恋をしていたし、
毎日の生活を走っていたような気がします」と1997年当時を思い出した=東京・銀座





続きを読む