最新音楽ニュース速報

最新音楽ニュースをお届けします。J-POP、洋楽、演歌、アニメソング、ゲーム音楽などニュースが満載

<LOUD PARK> 今年の開催はなし…初開催からの連続開催が途切れる

1 :湛然 ★:2018/05/24(木) 22:23:19.26 ID:CAP_USER9.net
018/05/24 18:08
<LOUD PARK> 今年の開催はなし

<LOUD PARK> 今年の開催はなし。クリエイティブマンの公式サイトにて発表されています

以下インフォメーションより

LOUD PARK事務局からのお知らせ

LOUD PARKの開催有無についてのお問い合せを数多くいただいておりますが、残念ながら本年のLOUD PARKは開催を見送る事となりました。

これまで初開催から続いてきた毎年の連続開催が途切れてしまう、このようなご案内をするのは事務局としても非常に残念です。様々な状況を踏まえ例年規模での開催をすべく協議を進めてまいりましたが、お客様に満足いただける内容を提供することが困難と判断し、最終的に本年の開催を見送る事を決定いたしました。

今後LOUD PARKをより多くのお客様に満足していただけるような内容にするべく、そのための状況が整った上で次回開催については検討してまいります。

毎年LOUD PARKの開催を楽しみにしてくださっていたファンの皆様には大変申し訳ございませんが、今後クリエイティブマンにて数多く予定しておりますHR/HMバンドの単独来日公演にも目を向けていただき、来るべき次回開催に向けて日本のシーンを共に支えていただける事を願っています。

LOUD PARK事務局

(以下略、全文はソースをご覧ください。)


http://amass.jp/105447/



続きを読む

赤塚不二夫没後10年、『フジオロックフェスティバル』に電気、THE BEATNIKS、矢野顕子、春風亭昇太ら

1 :湛然 ★:2018/05/22(火) 22:05:13.90 ID:CAP_USER9.net
赤塚不二夫没後10年、音楽×落語『フジオロックフェスティバル』に電気ら
2018/05/22 12:50

音楽と落語のイベント『フジオロックフェスティバル 2018』が8月1日、2日の2日間にわたって東京・恵比寿ガーデンプレイスで開催される。

同イベントは、漫画家・赤塚不二夫の没後10周年を迎えるにあたって行なわれるもの。「ウケるためなら死んでもいい」という言葉を残した赤塚の遺志を受け継ぎ、「命日にみんなでバカ騒ぎすること」を掲げて実施される。

両日に開催される音楽イベント『ボツ10年ライブ』には電気グルーヴ、大友良英スペシャルビッグバンド+芳垣安洋、昨年開催された『赤塚不二夫生誕80年記念・バカ田大学祭ライブ』にも出演した高橋幸宏と鈴木慶一によるユニットTHE BEATNIKS、矢野顕子が参加。8月1日の昼夜2部制となる落語イベント『落語:フジオ10年分のおバカ寄席』には柳家喬太郎、春風亭昇太、寒空はだか、林家彦いち、三遊亭白鳥、清水宏、立川吉笑、桃月庵白酒、立川生志、水道橋博士、柳家わさびらが出演する。

また盆踊り企画『日本一バカな仲間たちとやる日本一バカな盆踊り「バカ盆踊り」』を2日間連続で実施。色とりどりの提灯を張り巡らせた会場内に特設の櫓を組み、イベントのために大友良英が手掛けた“フジオ音頭”の初公開も予定されている。チケットの先行販売は5月31日まで実施中。一般販売は6月16日からスタートする。

発表とあわせてクラウドファンディングプラットフォーム「Readyfor」ではイベント制作支援のための企画がスタート。目標金額は400万円で、6月21日までに同金額に達した場合のみプロジェクト成立となる。リターンには「イエーイ!写真なのだ!赤塚不二夫秘蔵写真コース」「お名前&お好きなキャラクター入りスペシャル提灯コース」などのプランが用意されている。

イベント情報
『フジオロックフェスティバル 2018』

2018年8月1日(水)、8月2日(木)
会場:東京都 恵比寿ガーデンプレイス

8月1日出演:
電気グルーヴ
大友良英スペシャルビッグバンド+芳垣安洋
柳家喬太郎
春風亭昇太
寒空はだか
林家彦いち
三遊亭白鳥
清水宏
立川吉笑
桃月庵白酒
立川生志
水道橋博士
柳家わさび
and more
8月2日出演:
THE BEATNIKS
矢野顕子
and more


『フジオロックフェスティバル 2018』ロゴ c赤塚不二夫/フジオプロ




電気グルーヴ


柳家喬太郎


春風亭昇太


THE BEATNIKS


大友良英スペシャルビッグバンド


矢野顕子



https://www.cinra.net/news/20180522-fujiorock



続きを読む

ポール・サイモン、歌詞を間違え「罰として嫌いな曲をプレイする」

1 :湛然 ★:2018/05/22(火) 22:11:27.64 ID:CAP_USER9.net
2018.5.22 11:15
ポール・サイモン、歌詞を間違え「罰として嫌いな曲をプレイする」

先週(5月16日)、最後のツアーとなる<Homeward Bound - The Farewell Tour>を北米でスタートしたポール・サイモンが、土曜日(5月19日)オレゴン州ポートランドで開いた公演で、歌詞を忘れるミスを犯し、罰として嫌いだという曲をプレイした。

『Jam Base』によると、サイモンは、『The Rhythm Of The Saints』(1990年)に収録される「The Cool, Cool River」を演奏中、歌詞を忘れ、バンド・メイトに「誰か、この歌詞知ってる?」と尋ねたという。そして、バンドの助けをかり同曲をなんとか終わらせると、「歌詞を忘れるという間違いを犯したから、自分自身を罰する」と話し、「大嫌いな曲の1つを歌う」「そうしたら思い知るだろう。この曲はホント、嫌いなんだ」と、サイモン&ガーファンクルの1966年のアルバム『Parsley, Sage, Rosemary & Thyme』に収録した「The 59th Street Bridge Song (Feelin’ Groovy)」をプレイし始めたそうだ。

即興だったため、バンド・メイトには「プレイしたければどうぞ。プレイしたくなければ、やる必要ないよ」と声をかけていたという。

サイモンは昨年、アメリカのトーク番組『The Late Show With Stephen Colbert』に出演した際、司会者から「The 59th Street Bridge Songはもうプレイしないんだね」と言われ、「あの曲は嫌いなんだ。世間知らずだったと思う」と答えていた。

Ako Suzuki




https://www.barks.jp/news/?id=1000155342



続きを読む