最新音楽ニュース速報

最新音楽ニュースをお届けします。J-POP、洋楽、演歌、アニメソング、ゲーム音楽などニュースが満載

スカパラ20枚目のアルバム発売、Ken Yokoyamaとのコラボ完結編も

1 :muffin ★@\(^o^)/:2017/01/12(木) 17:58:16.64 ID:CAP_USER9.net
http://natalie.mu/music/news/216517
2017年1月12日 12:00

東京スカパラダイスオーケストラのニューアルバム(タイトル未定)が、3月8日にリリースされる。
本作は彼らにとって20枚目のオリジナルアルバム。
尾崎世界観(クリープハイプ)、片平里菜、Ken Yokoyamaをコラボレーションゲストに迎えたシングル曲や、さかなクンとの共演で話題を呼んだキリン「氷結」CMソングの「Paradise Has No Border」、
さらに新曲を加えた全14曲の収録が予定されている。新曲の中にはKen Yokoyamaとのコラボシリーズ完結編となる、3作目のコラボ曲も収められる。

DVD付き仕様には新曲のミュージックビデオのほか、2016年に行われた全国ツアー「Paradise Has No Border」のライブドキュメンタリーを約120分にわたり収録。
アルバムリリース後の5月13日からは全国ツアー「TOKYO SKA Has No Border」の開催も決定している。

■東京スカパラダイスオーケストラ ニューアルバム(タイトル未定)収録内容
CD
・爆音ラヴソング feat.尾崎世界観
・めくったオレンジ feat. 尾崎世界観
・嘘をつく唇 feat.片平里菜
・Paradise Has No Border 
・道なき道、反骨の。 feat. Ken Yokoyama
・さよならホテル feat. Ken Yokoyama
・タイトル未定 feat. Ken Yokoyama
※ほか全14曲収録予定

DVD / Blu-ray
・新曲Music Video
・2016ライブハウスツアー「 Paradise Has No Border」LIVEドキュメンタリー映像
約120分収録予定






続きを読む

<SEKAI NO OWARI>Saoriが池田大と結婚!Nakajinも結婚…幸せW発表

1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/01/12(木) 15:49:21.32 ID:CAP_USER9.net
人気バンド「SEKAI NO OWARI」の紅一点、
Saori(30)がかねて交際が報じられていた俳優・池田大(30)との結婚をファンクラブサイトで発表した。
また、リーダーでサウンドプロデューサーのNakajinも結婚を発表しており、セカオワは“Wおめでた”となった。

サイトでは「NakajinとSaoriから、大切なお知らせ」として、メンバー2人がそれぞれ結婚することが発表された。

ピアノ担当のSaoriは2015年3月、週刊誌に池田との交際がツーショット写真とともに報じられた。
池田は11年にデビューし、ドラマ「安堂ロイド」や映画「マエストロ!」などに出演しているイケメン。

メンバー公認の仲で、4年にわたる交際を経てゴールインとなった。

デイリースポーツ 1/12(木) 15:26配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170112-00000066-dal-ent

写真



オフィシャル
https://sekainoowari.jp/mob/index.php?site=S&ima=4622

MV SEKAI NO OWARI「Hey Ho」
https://www.youtube.com/watch?v=qfsr0S_QGOU



続きを読む

<韓国メディア>口パクのK-POPにガッカリ

1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/01/16(月) 17:17:52.02 ID:CAP_USER9.net
数年前、生まれて初めて女性アイドルグループのコンサートに行った。
取材をするためだったか、中年男のファン心理からだったかは正確には覚えていない。

若い男性ばかり数千人が変声期過ぎの野太い声で一斉に叫ぶ姿にはなんとなく違和感があった。
とは言え、彼らも不惑を過ぎた中年男が隣にいて熱狂しているとは思わなかっただろう。

違和感がありながらも心地よい胸のときめきに舞い上がった。
ところが、そうした興奮もつかの間、あっという間に戸惑いに変わってしまった。

女性アイドルグループのメンバーのうち、生歌で熱唱していたのは3人だけで、
ほかのメンバーたちは事前に録音された音源に口の形を合わせる「口(くち)パク」で歌うふりをしていただけだったのだ。

コンサート会場でCD音源をそのまま流せば口パクであることがばれるので、
少し危なっかしそうでリアルな感じに録音した別の音源を使用していた。

それに気付いてからは、どのメンバーが生歌で、どのメンバーが口パクなのか確かめようとしてしまい、
頭がジンジンしてくるほどだった。結局、コンサートの後半はろくに歌を聞くこともなく急いで会場を後にした。

韓国のアイドルグループやソロ歌手が世界で人気になる現象を「K-POP」と呼ぶようになってからかなり経つ。
2012年に米ビルボード・チャート2位にまでなった男性歌手PSY(サイ)の『江南スタイル』を基点にする人もいるし、
2000年に中国・北京でコンサートをした男性アイドルグループH.O.T.を出発点だとする人もいる。

想像力とアイデアの競演であるエンターテインメント分野でも韓国の世界進出が可能だという事実に、
胸がいっぱいになったものだ。ところが、「文化輸出商品」であるアイドル音楽には致命的弱点がある。

コンサートや番組で歌を歌わずに口パクをするケースが少なくないということだ。
年末年始の特別番組も「口パクの洪水」同然だった。

文化部=金性鉉(キム・ソンヒョン)次長

2017/01/15 06:06
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/13/2017011301644.html



続きを読む