最新音楽ニュース速報

最新音楽ニュースをお届けします。J-POP、洋楽、演歌、アニメソング、ゲーム音楽などニュースが満載

ロックバンド「黒夢」商標権ヤフオクで68万円落札

1 :シャチ ★@\(^o^)/:2016/09/26(月) 16:21:45.02 ID:CAP_USER9.net
 ロックバンド黒夢の商標権4件が出品されて話題となっていたオークションの入札が
26日午後1時に締め切られ、「黒夢」が68万1000円で落札された。

 東京国税局によってヤフーの官公庁オークションで公売に掛けられていた商標は文字の
「黒夢」(2件)と「KUROYUME」「kuroyume」の計4件。「黒夢」(呼称『クロユメ、コクム』)
以外の落札価格が最高で、そのほかの3件はいずれも20万円台で落札された。

 公売は公官庁が差し押さえた税金滞納者の財産(動産・不動産)をオークションで換金し、
未納金を回収する手続き。


日刊スポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00000106-nksports-ent





続きを読む

19年目にしてなおもライヴの動員を増やし続けるaiko。ファンを虜にするその”絶妙な距離感”とは?

1 :casillas ★@\(^o^)/:2016/09/26(月) 16:15:04.30 ID:CAP_USER9.net
デビュー19年目に突入したaikoの全国ツアー「Love Like Pop vol.19」が、9月16・17日の東京・NHKホール公演でファイナルを迎えた。
5月に発売したアルバム『May Dream』を引っ提げてのツアーは、4か月で18か所34公演行い、9月16日のNHKホール公演を観たが、6月5日に同じNHKホールで観たライヴとは、全く違うものだった。セットリストをマイナーチェンジしたこともあるが、
全国を回り、たくさんのファンと触れ合うことで彼女の中に「もっともっと想いを伝えなければいけない」という想いが、エネルギーとなって溢れ出たかのような、熱さとせつなさを感じた。

9月16日は、翌日のファイナル公演を控える中で、NHKホールでの単独公演数が通算40回目という節目でもあった。アリーナツアーをやることも多い彼女だが、やはり何よりも大切にしているファンとの距離を考え、そして歌と音を少しでもいい音で届けたいという気持ちから音響面も考え、この会場が東京のホームグラウンドになったのではないだろうか。
この日も座席をつぶして花道を作り、少しでもファンに近づこうとしていた。NHKホールに花道を作るアーティストは、あまり聞いたことがない。これもファンへ想いの表れだ。

通算12枚目のオリジナルアルバム『May Dream』のオープニングナンバー「何時何分」からライヴはスタート。『May Dream』からの曲を軸に置きながら、新旧のヒット曲、ライヴでは久々に披露する曲などで構成されたセットリストで28曲。
3時間半、aikoとファンはいつもと変わらないとにかく近い、でも近いだけではない“絶妙の距離感”で過ごした。その内容の濃さに、改めて彼女のライヴの“顧客満足度”の高さを感じた。ライヴ会場を後にするファンの満足げな笑顔がそれを物語っている。
詳細なライヴレポは各音楽サイトに任せるとして、今回のライヴを観ながら、デビュー19年目に突入してもなお多くの人を惹きつけ、なぜ若いファンをどんどん取り込むことができているのか、その人気の秘密を改めて考えてみた。
もちろん彼女が書く曲の良さはいわずもがなだが、やはりライヴの良さが新規ファンを開拓、獲得できている最大の理由なのだ。

“絶妙な距離感”と書いたが、これこそがaikoのライヴの最大の武器だ。
彼女はライヴでは、とにかくファンとの会話を楽しむ。ファンも彼女と会話がしたくてライヴに来る。まるで久々に会う友達に近況報告をするように、どんどんaikoに話しかける。aikoもそれを拾う。
こんな芸当ができるアーティスト、他にはいない。ライヴの定番コーナーに、ピアノの弾き語りコーナーがある。これはaikoがファンからお題をもらい、即興で曲を作るというもので、手を挙げたファンを指名する時も、
例えば「3Fの○色のTシャツを着て、タオルを首にかけたメガネの女子」といったように、彼女は驚異の視力でステージから遠いファンの容姿をしっかり説明し、指名する。ちゃんと見えているということをファンに伝える。ファンはこんな嬉しいことはない。
どんなにステージから遠い席でも、自分の事を見てくれているんだと、モチベーションがあがる。だからより一生懸命ライヴに参加しよう、楽しもうとして、するとライヴは自ずと熱を帯び、その熱にaikoも乗せられ、ライヴはさらにヒートアップし、いいものになる。
ファンはいいライヴを観ると、また誰かを連れて来たくなる。そうやってaikoはライヴの動員を増やし続け、チケットが入手困難な状態になっている。

ちなみにこの日はファンからもらった、「10月9日結婚式」「復縁」「おデコが狭い」「受験生」「ひげが濃い」「腹筋」という、6つのキーワードを織り込んだ詞とメロディを作り、見事な1曲に仕上げた。当たり前だが誰がどう聴いてもaikoの曲になっている。
その完成度の高さに、このコーナーで完成した曲のCD化を望むファンも多い。ここでaikoは圧倒的なその才能を“見せつける”。もちろん本人には“見せつける”などという気持ちは毛頭ない。
サービスで披露しているわけだが、CD化されている音源以外の曲を、その場で作って、いわば企業秘密でもある曲作りのシーンも全て見せ、しかもわずか1分程で作り上げた曲のクオリティの高さに驚かされる。
そしてそれはその日その場限りのaikoとファンとの思い出の曲になる。そこにいる誰もが、aikoの圧倒的な才能に、憧れと尊敬の気持ちを改めて抱くことになる。手が届きそう、届いているけど、圧倒的な憧れであり、尊敬できる関係。これが“絶妙な距離感”だ。



続きを読む

細川たかし、増毛町でカツラ疑惑を完全否定!「私は大丈夫」

1 :湛然 ★@\(^o^)/:2016/09/26(月) 05:28:03.38 ID:CAP_USER9.net
2016.9.26 05:04

北海道出身の演歌歌手、細川たかし(66)が25日、新曲「北海無法松」の舞台、
北海道・増毛(ましけ)町で行われた「第45回増毛秋の味まつり」でイベントを開催。
長年のカツラ疑惑を完全否定した。

額の生え際に合わせてサイドをそった独特の髪形から、ネット上で「レゴブロックみたい」などと疑惑が噴出。
同町が音読みで増毛(ぞうもう)と読むことから、
JR北海道・留萌線増毛駅の切符が薄毛に悩む人の“お守り”になっていると知ると、
自ら報道陣に疑惑について切り出した。

1980年代は「スプレーを1本使って髪を固めていた」といい、
「沖縄から『夜のヒットスタジオ』に出たとき、風で服がバーってなっているのに、
髪だけガチガチだったから『アレおかしくない?』といわれてね」と疑惑浮上の発端を説明。

続けて「ですから、今日は思い切って短く切ってきました!」と地毛をアピールし、
番組司会者に髪を触らせてカツラ疑惑を一掃した米大統領選共和党候補、ドナルド・トランプ氏(70)のように
「私は大丈夫」と完全否定した。

疑惑については「言わしておけばいい」と一蹴。
「(松山)千春ぐらいスキンヘッドにしたら朝、楽だろうな。70歳になったらそうしようかな」と笑い、
終演後には同駅で切符を購入。町おこしに一役買った。

イベントでは新曲など7曲を熱唱し、町民の約1・5倍となる7000人を魅了。
40回目の出場に期待がかかる年末のNHK紅白歌合戦の話題になると、
「今年の目玉は(解散する)SMAPでいいんじゃない。最後に30分ぐらいバーっと歌ってもらいたい」と熱望した。


・イベント会場となった増毛港中央埠頭で、大漁旗をバックに新曲のヒットを誓った細川たかし=北海道・増毛町




・細川は増毛駅の看板の隣で頭髪を指さし、カツラ疑惑を完全否定した


・新曲「北海無法松」の発売記念イベントを行った細川たかし


http://www.sanspo.com/geino/news/20160926/geo16092605040013-n1.html



続きを読む